犬の耳垢なんとかしま専科

犬も耳垢が出ますが、異常な時は色・量・臭いがいつもと違います

 

 

 

耳垢は耳の中の垢で、皮膚の残骸などが溜まったものと外耳道の耳垢腺から出る分泌物が混ざったもので、弱酸性で殺菌剤としての役割を果すといった特徴があります。人と同じく犬でも耳垢が出ます。健康な犬の耳垢は基本的には黄色っぽいような色をしていて、臭いもあまり無く粘ついた感じもありませんが、散歩などで犬を外へ出した時や、犬を外で飼ったりしていると、空気中の埃などで耳の中が汚れて黒っぽい耳垢となります。

 

 

 

外耳道(耳の孔)は耳の入り口から鼓膜までを指し、皮膚は鼓膜がある内側(骨部)から外側(軟骨部)へ移動するように出来ています。基本的に、正常であれば耳垢は鼓膜に近い奥の方に溜まることなく軟骨部と骨部の移行部まで自然に出てくるので、耳掃除をするなら見える範囲の外耳道まででいいといえます。

 

 

しかし、耳の中を清潔にするために行ったはずの耳掃除やお手入れを間違ったやり方で行うと、耳や耳の中に異常をきたしてしまいます。犬の耳掃除を行うなら、頻度や手技に留意する必要があるんです。

 

 

耳垢が出るのはとても自然なことなので、異常が無ければ特に気に留めることはないかと思います。でも、通常以上に出る耳垢の量が多かったり、耳垢の色が濃い茶色・黒味が強い・赤茶色であったり、べとべとしていたり、やたら臭い・悪臭がする・酸っぱい匂いがするといった普段とは明らかに違うようであれば、確実に耳の病気を疑いますよね。

 

 

      

 

 

犬の耳の中や耳垢の状態だけでなく、犬のしぐさや行動の変化も見逃せません。次のような症状が観察されるなら、犬の耳の病気で大多数を占める外耳炎に罹っているといえるでしょう。外耳炎になる原因はさまざまです。原因次第で耳垢の状態も違ってきます。

 

黄色や茶褐色の耳垢が多い
耳に炎症・傷がある
耳が腫れている

耳をしきりに掻く・引っ掻く
頭・首をよく振る
耳の中が汚れている
耳の中が臭い・悪臭がする
耳や頭に触られるのを嫌がる

 

放っておくと怖い犬の外耳炎

黒くて量の多いガサガサした耳垢の原因は?

酸っぱいニオイのベトつく赤茶色の耳垢の原因は?

 
 
TOP 犬の外耳炎 犬の耳ダニ マラセチア性外耳炎 犬の耳掃除 犬の耳ケア用品