犬の正しいシャンプーの仕方

犬のシャンプーの仕方に正しい方法ってあるの?

 

正しい犬のシャンプーの仕方

あなたは愛犬をどのようにして洗っていますか?

 

 

工程を簡単に書くと、犬にぬるま湯をかけてシャンプーをふりかけ泡立て、全身をくまなく洗ったら再度ぬるま湯をかけて洗剤を全部洗い流す。そしてタオルで水分を拭き取るといった流れとなるのですが、実はシャンプーの仕方にも正しい方法ってあるんです。

 

 

そもそも、犬をシャンプーをするのは皮膚のトラブルやノミやダニなどの寄生虫を防いで犬を清潔にすることを目的としていますよね。犬をシャンプーしないでいると、ホコリや土、皮脂で毛がポソポソしたようになって毛艶が悪くなってきますし、犬が体を掻くしぐさをよく見るようにもなります。それに、体が臭ってきますね。犬の洗い方は人それぞれですが、下にシャンプーのやり方やコツを書いているので参考にしてみてください。

 

 

@準備

 

シャンプー前には必要な道具を揃えておきましょう。犬をシャンプーしている途中で「あっ!あれが無い!」なんてことになると、誰か他の人がいない限りご自分で足らないものを取りに出たりすることになって、犬から目を話してしまうことになってしまいますからね。

準備するもの:シャンプー、リンス、スリッカー、クシ、バスタオル、ドライヤーなど

 

犬用のシャンプーは、例えば大容量で安価なノミ除けシャンプーや低アレルギー性のエチダームシャンプー、低刺激性のエピスースシャンプー、ダーマケアナチュラルシャンプーなどいろいろな種類があります。エチダームやエピスースは病院で勧められることも多いビルバック社製のシャンプーで、ダーマケアナチュラルは皮膚科専門の獣医師らが開発にかかわったシャンプーですから、皮膚がデリケートな愛犬の入浴にはもってこいではないでしょうか。

 

エチダンシャンプー(Etiderm)は皮脂を落とし過ぎないマイルドさが特徴で、脂っぽい皮膚や皮膚がブツブツしている犬(や猫)に特に効果的です。また、エピスースシャンプー(Epi-Soothe)は石けん成分が入ってない低アレルギー性ですから、皮膚に痒みをもつ犬(や猫)のシャンプーをする時にお使いになられるといいでしょう。

 

ダーマケアナチュラルシャンプー(Dermacare)はエピスースシャンプーと同じく低アレルギー性のシャンプーです。敏感肌の犬(や猫)はもちろん、子犬や子猫にも最適で、ジェルっぽくて液だれがしない、泡立ちが良い、洗うとココナッツの香りがするといった特長があります。

 

 

 

 

 

Aブラッシング

 

犬を濡らす前にはブラッシングをして、抜け毛や毛のもつれを取ってあげてください。毛の長い犬の場合は毛玉が出来ていたりしますし、抜け毛を残したままにしてシャンプーをすると、洗い流す時にシャンプー液や泡がしっかり落とせず残ってしまいますからね。そうなると、せっかくシャンプーをしても皮膚のトラブルを招いてしまう原因となってしまいます。ブラッシングすることで洗い流しや乾燥が楽になりますよ。毛の短い犬も同様です。ブラッシングをする時は、同じ個所を何度もしたりして皮膚を傷つけないようにしてあげてください。

 

 

B濡らす

 

犬を濡らす時の水温は30℃〜35℃がよいかと思います。温度が熱いと皮膚への刺激が強く、痒みやフケが増してしまうので。濡らす際には先ずは手を使ってかけてみて、徐々に足元や体の後ろの方からゆっくりかけるようにしてください。シャワーヘッドを犬の体に密着させると、ぬるま湯が皮膚の方まで浸透しやすくなりますよ。腹部の場合はシャワーからの水を手のひらで受けるようにして、軽く叩くようにするといいでしょう。

 

犬がシャワーを怖がるなら、もしかすると水圧が強いのかもしれません。そんな時は水圧を弱めるか、シャワーヘッドを体につけて音が立たないようにしてあげて下さい。シャワーに不慣れな子は、褒めたり撫でたりおやつを与えるなどして機嫌をとってあげましょう^^;

 

 

Cシャンプー

 

シャンプー液を手に取ったら、先ずは手の平で広げてから犬の体・皮膚につけましょう。洗う順番は、頸→肩→背→腰→身体全体→尾→四肢→頭→耳→顔です。洗う時に爪を立てると犬の皮膚を傷つけてしまうので、手のひらや指の腹で犬をマッサージするような感じでシャンプー液を塗りこむようにし、軽くもみ洗いするようにしてください。

 

 

Dすすぎ

 

すすぐときはシャンプー液・泡をしっかり落としてくださいね。すすぎ残しがあると皮膚のトラブルの原因となってしまいます。すすぐ順番は、頭→顔→耳→頸→肩→背→腰→身体全体→四肢です。大まかに言うと、体の上部から下部の順です。頭や顔をすすぐ時にシャワーの水圧を弱めてあげると、犬も怖がったり嫌がったりすることがないかと思います。目、耳、鼻を流す際には孔を塞ぐと水が入りにくいでしょう。

 

注意すべきはパグやシーズーなどの短頭種の犬です。この子たちは先に書いたような方法でのすすぎが難しく、鼻に水が入りやすくなってますから、顔を流す時は水を直接顔にかけるようなことはしないで、ぬるま湯を含ませたスポンジやタオルで顔を拭くようにして洗い流してあげてください。

 

 

E乾燥

 

やっと犬を洗い終えたら、あなたならどうしますか?水分が残らないようにしっかりと乾燥させていますか?実は乾かし過ぎは良くないんです。犬は必要な水分を保持し、余分な水分は蒸発させるので少し湿っている方がいいんですよ。毛の長い犬ならタオルでの拭き取りとドライヤーを少々、毛の短い犬ならタオルでの拭き取りであとは自然乾燥させるくらいですね。意外ですか?

 

しかしですが、マラセチア皮膚炎の場合は湿気対策が大事なので毛の根元からしっかりと乾かしてあげてくださいね。個々の犬によって皮膚の状態が異なってきますから、乾燥肌の犬なら潤いを与え、また、皮膚が湿っぽい犬なら乾燥させるなど工夫が必要となります。

 

 

マラセブを使ったシャンプーの仕方は?

 

TOP 犬のマラセチア皮膚炎 正しいシャンプー方法 マラセブの使い方 マラセブの副作用 マラセチアの予防