猫が外耳炎なのは何が原因?マラセチア?ミミダニ?過度な耳掃除?

猫の外耳炎は耳ダニ感染に起因することが多いんです

 

 

画像引用元:エルムス動物医療センター@二子玉川

 

 

外耳炎という言葉はとてもアバウトな病名だと思いませんか? ここでは外耳に生じた皮膚炎であるとお考え下さい。外耳炎になると、猫は耳を痒がって後ろ足でしきりに掻いたり、耳をどこかへ擦りつけたり、頭を振ったりします。見た目にも耳の状態は悪く、汚くて耳垢が溜まっているのがはっきりとわかります。常時猫が耳を掻いているために、耳の皮膚は赤くなり、慢性化していると皮膚が肥厚して、色が黒っぽくなります。

 

 

下の外耳炎チェックポイントを確認してみてさい。飼っている猫ちゃんに1つでも該当する場合は、外耳炎に罹っている可能性が高いです。動物病院で診察を受けなくてもご自分で出来ると言う方は、エピオティックやドクターゴールドイヤーセラピーなどを使って耳をきれいに洗浄した後、トピゲン耳・皮膚用ローションなどの点耳薬を使って耳のケアをしてあげてください。

 

 

洗浄液で耳道内の“脂”を溶かし、耳垢を綺麗にした後で初めて抗菌・寄生虫効果のある薬を点耳することで、炎症を抑え効果的なケアをしてあげることが可能となります。

 

猫の耳掃除と耳のお手入れの仕方

猫の耳のお手入れ用品

 

外耳炎のcheckポイント

耳を痒がる
頭をよく振る
赤褐色〜黒褐色の耳垢がよく出る
耳から甘酸っぱい臭いがする

 

外耳炎の原因は色々あります。犬の場合はマラセチアという酵母菌あるいは細菌の異常繁殖、アレルギーによる外耳炎がよくみられます。猫の場合は、ミミヒゼンダニの寄生によるものが多いようです。また、耳掃除をやりすぎることも外耳炎の原因となってしまいます。ここでは、猫の外耳炎の原因となるマラセチア(真菌)、耳ダニ(ミミヒゼンダニ)、掃除のし過ぎについて少し触れてみます。

 

 

マラセチア

 

    

 

 

皮膚はもちろんですが、耳の表面には何ら異常がなくても常に細菌が存在しています。これを常在細菌と言います。湿度が高くなり、脂など細菌の栄養分が多くなるなどある一定の条件が揃うと、細菌が爆発的に増殖をして炎症を引き起こします。この条件を満たしやすいのが犬や猫の耳の中となります。皮膚に炎症を来たしてしまうと、分泌物が過剰にでてくるようになります。

 

マラセチアによる外耳炎の場合は、ミミダニが感染した時とは若干異なり特有のすっぱい匂いがしますから、耳垢検査で菌を検出しなくてもわかってしまいます。また、マラセチアに感染した時の耳垢はベトベトとした赤褐色〜黒色をしています。猫に激しい痒みを引き起こすのは耳ダニが感染した時と同様です。耳ダニとマラセチアの両方同時に感染していることもありますから注意が必要です。

 

 

ミミダニ

 

 

犬や猫の耳に寄生するダニをミミヒゼンダニ(耳疥癬)と言います。耳ダニが感染した時の耳垢の性状は特徴的で、黒っぽく、カサカサポロポロと乾燥した耳垢が多量に出ます。耳道壁の角化亢進が起きています。耳ダニが感染すると激しい痒みに襲われますが、これは耳ダニが耳の皮膚の中にもぐったり皮膚を引っ掻いたりするからです。

 

 

ミミダニについての詳細はこちらのページをご覧ください。

猫の耳ダニ感染と予防薬

 

 

耳掃除のやり過ぎ

 

飼っている猫の耳掃除やお手入れを、かかりつけの動物病院にお願いしている飼い主さんもいらっしゃるかと思います。獣医師や動物看護士はこなれたもので、耳専用のローションを猫の耳の中に入れ、耳をくちゃくちゃともみしだくようにマッサージして耳垢を浮かし、耳の中を綺麗にします。

 

 

中には、綿棒を使っている獣医師や動物看護士もいますが、だからと言って、同じようにご自宅で綿棒を使っての耳掃除はお薦めできません。猫の耳の皮膚はとてもデリケートなんですね。猫の耳掃除やお手入れをする場合は、 綿棒は使わず洗浄用のローションだけにしてください。

 

 

綿棒で皮膚を刺激することによって皮膚が炎症を起こしてしまい、飼い主さんが猫ちゃんの外耳炎を引き起こしてしまう原因となってしまいます。

 

 

関連ページ

猫の耳ダニ感染
耳ダニに感染すると、完治させるまでにかなりの時間を要します。また、治療費も馬鹿に出来ません。耳ダニに感染する前に予防薬で耳ダニ対策をしておく方が、猫の体にも負担がかかりません。耳ダニは予防が一番ですね。
猫の耳血腫
耳介がなんらかの原因で内出血を起こし、その内部に血が貯まり膨れあがってしまっている状態を耳血腫といいます。耳が立っていても垂れていても耳血腫になります。耳血腫となる大半の原因は耳の病気です。
猫の中耳炎・内耳炎
猫の中耳炎と内耳炎は、炎症が耳の奥にまで及ぶことで起こります。原因の大半が外耳炎です。それ以外には、細菌感染が耳管を経由することによって起こります。
猫の耳の腫瘍
猫の場合、扁平上皮癌は顔面の組織に多発する傾向があります。耳介、耳道、内耳、眼瞼、眼球、鼻梁、鼻腔、口腔、咽頭、舌など顔面の重要な組織すべてに発生する可能性があります。
猫の耳の外傷
猫が耳に傷を負う原因の多くは猫同士の喧嘩です。見た目にもわかる怪我ならいいのですが、負傷部位が毛に隠れて見えないこともよくあるので、外へ遊びに出かける猫ちゃんは特に受傷していないか気にかけてあげる必要があります。
 
TOP 猫の耳掃除 猫の耳ケア用品 しぐさで診る猫の耳の異常 猫の耳の病気